個人情報

プライバシーポリシー
平成17年4月1日
株式会社マイオクリエイティブ
株式会社マイオクリエイティブ(以下弊社といいます)では、個人情報保護に関する法令を遵守し、業務に従事するすべての者が、取り扱う個人情報の重要性を認識するとともに、適正な取扱と保護に努めます。

  1. 法令遵守
  2. 弊社は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。また、個人情報保護に関する取り組みは、継続的に見直し、改善に努めます。

  3. 個人情報の取得と利用目的
  4. 弊社は、取得した個人情報は業務上必要な範囲内でのみ利用し、法令で定める場合を除き、利用目的の必要範囲を超えて利用しません。

  5. 管理体制
  6. 弊社は、お客さまの個人情報を適正に取扱うため、社内規程および社内管理体制の整備、従業員の教育、並びに、個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改竄および漏洩等防止に関する適切な措置を行い、また、その見直しを継続して図ることにより、個人情報の保護に努めてまいります。

  7. 第三者提供
  8. 弊社は、本人の同意がある場合、法令の定めに基づく場合、お客様または公共の利益のために必要な場合を除いて、第三者に開示・提供しません。

  9. 開示、訂正、利用停止などのご請求
  10. ご本人がご自身の個人情報に関する開示・訂正・削除等を希望される場合の手続き方法は、「個人情報に関するお問い合せ」をご参照下さい。

  11. 改定
  12. 弊社では、お客さまの個人情報の保護を図るために、また、法令その他の規範の変更に対応するために、プライバシーポリシーを改定する事がございます。改定があった場合はホームページにてお知らせいたします。

就職応募者の個人情報の利用目的
平成17年4月1日
株式会社マイオクリエイティブ
  1. 個人情報の利用目的
  2. 弊社が取得する就職応募者の個人情報の利用目的は次のとおりです。

    (1) 就職応募者との連絡(面接日時の案内、結果の連絡等)
    (2) 募集人材の要件に合うかどうかの選考資料
    (3) 今後の採用活動のための統計資料
    (4) 採用決定後における雇用管理上の基礎資料
  3. 個人情報の第三者への提供について
  4. 弊社は、ご本人の同意を得ることなく、第三者に就職応募者の個人データを提供することはございません。

  5. 備考
  6. 弊社が、ご本人への通知、ご利用約款等のご承認の方法により、別途、利用目的等を個別に示させていただいた場合等には、その個別の利用目的等の内容が、以上の記載に優先いたします。ご了承ください。

個人情報に関するお問い合せ
平成17年4月1日
株式会社マイオクリエイティブ
  1. お問い合わせ窓口
  2. 弊社の保有する個人情報について、開示・訂正などが必要な場合はお問合せ窓口まで電話・メールでお申出ください。ご本人であることを確認したうえで、必要な手続きについてご案内いたします。

    (1) お問合せ先:個人情報相談窓口
  3. 会員制サイト・メールマガジン
  4. お客さまご自身が登録された会員制サイトにおける個人情報の開示・訂正・削除等やメールマガジンの送信停止につきましては、それら会員制サイトやメールマガジンにて、そのお手続き方法をお知らせしている場合がございますので、その内容に従ってご依頼下さいますようお願いいたします。

  5. 回答について
  6. 弊社内におけるお客さまの個人情報の検索等に時間を要する為、回答までに約2週間程お時間をいただく場合がありますのであらかじめご了承願います。

  7. 事務手数料
  8. お送りいただいた書類をもとに本人確認を行った後、「利用目的の通知」または「保有個人データの開示」をご請求される方につきましては、弊社より事務手数料の請求書を送付いたしますので、当該請求書記載の銀行口座に事務手数料をお振り込み下さい。なお、振込手数料は、お客様の負担とさせていただきますのでご了承下さい。事務手数料は、保有個人情報が記録されている文書1件につき1050円(消費税込み)です。
    「利用目的の通知」または「保有個人データの開示」以外をご請求の方につきましては、事務手数料は不要です。本人確認後、速やかに対応させていただきます。

  9. 開示をお断りする場合
  10. 次のような場合には、法令等の定めに基づき、開示・訂正などをお断りさせていただく場合があります。

    (1) 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    (2) 弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    (3) 他の法令等に違反することとなる場合